鯖江市JK課、OC課との意見交換会

JK課、OCサミット実行委員、めがねのまちさばえ国際親善大使の岩堀美雪氏などとともに、「私が変われば世界も変わる」をテーマに意見交換会を行いました。

また、意見交換会の中で、JK課オリジナルスイーツが振る舞われ、和やかな雰囲気の中で市内の女性が活躍する取り組みを拝聴しました

中でもOC課で長く活動をされている女性が、
”明確な理由もなく、漠然とした家や地域という古いルールに縛られる世代は、私たちで断ち切りたい。女性はもっと自分のための時間を大切にしたり、考えたり、発言することが大切だと思う”
との発言は、とても印象的でした。

女性活躍の妨げになる慣習は断ち切り、より良い社会を次世代へ引き継ごうと改めて感じる会となりました。

report活動報告

私たちは、世界中の女性たちが「自律」し、より活き活きとした人生を送ることを応援しています。
現代社会では、女性を中心に、自己を過小評価してしまう「インポスター症候群」など、
個々人が自身の幸せを追及しづらい問題を多数抱えています。
私たちはそんな方々が自分を見つめ、違いを認め、繋がり合うことにより、
自分自身の力で未来を築いていくことを目指しています。
そうして一人ひとりのポジティブなパワーが社会全体のジェンダー平等を実現し、
その先のより多様な社会を作っていく持続可能な開発(SDGs)の推進をして参ります。