衆議院議員会館にて開催された意見交換会に参加しました。

チャウドリー大使とともに衆議院議員会館に訪問し、意見交換に参加しました。

チャウドリー大使とともに衆議院議員会館で行われた「SDGs推進の意見交換会」に参加しました。
衛藤征士郎世界連邦国会委員会/自民党外交調査会長、長谷川祐弘先生やSDGsを推進する教育機関・民間企業の経営者などで、2030年達成に向けた取組を話し合いました。
チャウドリー大使からは、私たち「FOUNダイヤモンドコミッティ」が引き続き女性の平等とエンパワメントを推進していくことや、鯖江市のSDGsの取組はNYに持ち帰り、地方自治体レベルでの活動が最終的には国をも動かすということを伝えていきたいとお話がありました。


チーフコーディネーターであり世界連邦青年会議事務次長の佐伯からも、「SDGs」という言葉を自分ごと化して行動することやそのきっかけ作りの重要性、若者たちに女性活躍推進をもっと広めていくことなどの決意をお話しさせていただきました。
 

これからも各自治体や企業様と協働して進めていきたいと思います!
(写真提供:FOUN)

report活動報告

私たちは、世界中の女性たちが「自律」し、より活き活きとした人生を送ることを応援しています。
現代社会では、女性を中心に、自己を過小評価してしまう「インポスター症候群」など、
個々人が自身の幸せを追及しづらい問題を多数抱えています。
私たちはそんな方々が自分を見つめ、違いを認め、繋がり合うことにより、
自分自身の力で未来を築いていくことを目指しています。
そうして一人ひとりのポジティブなパワーが社会全体のジェンダー平等を実現し、
その先のより多様な社会を作っていく持続可能な開発(SDGs)の推進をして参ります。